株式会社フジタのロゴ

ベルマーレに帰ってきた、おかえりなさいFUJITA。

投稿日: カテゴリー: BELLMARE

J2降格という現実と向き合いながら過ごすシーズンオフ。
誰もが暗い気持ちになるだろうこの時期、ここまでポジティブでいられるのが不思議でしょうがない。

監督チョウキジェの留任。
天皇杯ベスト8で元旦決勝まであと2つ。
主力不在で臨んだベトナムBTVカップで日本勢初優勝。
そして今日、さらにビッグサプライズが。

来年のユニフォームにFUJITAが帰ってくる。

株式会社フジタのロゴ

FUJITAといっても、二人いるベルマーレの藤田ではなく、
ベルマーレの母体であった株式会社フジタ。
湘南ベルマーレの前身は、
藤和不動産サッカー部、そして株式会社フジタサッカー部です。
セルジオ越後などの日系人選手を擁し、数々のタイトルを獲得したフジタ。
Jリーグ開幕から一年遅れでJリーグ昇格を果たすと、
湘南の暴れん坊の異名を持つチームは破天荒な攻撃サッカーでリーグを席巻しました。
今の湘南ベルマーレの湘南スタイルというDNAは紆余曲折を経ながら、脈々と受け継がれています。
数多くの日本を代表するスター選手を輩出してきたベルマーレが転機を迎えた1998年のシーズンオフ。
フジタの業績不振もあり、債務超過からクラブ消滅の危機を迎えたとき、
株式会社フジタはその借金をすべて肩代わりし、当初の運転資金を工面し、練習グラウンドも提供し、
市民クラブとしてのベルマーレの再出発を後押ししてくれました。

離れたけれど、フジタを悪く言うベルマーレサポーターはいません。
左袖のFUJITAのロゴにはベルマーレのDNAが宿ります。

このクラブには、苦しい時、必ず大きな支えになってくれる人がいる。
最初のJ2降格の時、ベルマーレを支えてくれたのはイタリアに活躍の場を移した中田英寿で、
背中のスポンサーを買って出てくれました。
そのシーズン、成績は振るいませんでしたが、チームを後押しする大きな力を得たことは間違いありません。

さあ、クリスマスイブは天皇杯。
決勝まであと2つ!
ACLまであと3つ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

16 − 7 =