BELLMARE

ピョンチャンオリンピックの裏で・・・AFCフットサル選手権、日本準優勝。

afcフットサル選手権

テレビでは連日ピョンチャンオリンピックの話題で、もちきりですね。
レジェンド葛西が、フィギュア羽生が、ジャンプ高梨が。
オリンピックというのはマイナー競技が脚光を浴びるとても重要な舞台です。

さて、昨日はフットサルのアジア選手権決勝が行われていました。
アジア最強のイランに対して、日本は4対0と敗戦。
試合のハイライトはこちら

ベテラン中心のメンバーで臨んだ日本でしたが、
フットサルでは世界でもトップクラスのイラン相手に及ばず敗戦。

前半はリスク管理を重視しやや消極的に見えるイランに対し、
前からプレスを仕掛けるなど日本ペースで展開していましたが、
前半終了間際、GKイゴールのフィードをかっさらったイランの速攻に対応できずに失点。
イランペースに流れが傾いてきた時間だっただけに、
ここは前半0-0で終えるというイメージを持つべきだったのではないかと思うのは結果論なのかもしれませんが、
その後も得点を重ねたイランの試合巧者ぶりにはまさに脱帽です。

いつか、若い選手たちが日本のフットサルを再びアジアの頂点に引き上げてくれることを願います。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

4 × 2 =