遠ざかるJ1昇格への道。U-19日本代表鎌田翔雅Jデビューも・・・。

投稿日: カテゴリー: BELLMARE

長いJ2のリーグ戦の中でのひとつの凡戦。
ただ、湘南ベルマーレがJ1昇格を目指しているはずのチームだったということを除いては。


湘南ベルマーレは、J1昇格に向けてどうしても勝ち点3が欲しかった。
アジエル、トゥット、鈴木信貴を怪我で失い、
田村、坂本を出場停止で欠くという満身創痍の状態。
U-19日本代表としてのプレーを経験した鎌田翔雅を先発起用でJデビューさせるが、
これは若手の実戦練習でも来年以降のためのテストでもなく、
鎌田のポテンシャルに賭けるしかなかったのかもしれない。
前半から動きのかたい鎌田。
しかし、それも彼だけではない。
意思疎通のできないパス交換、
ロングボールを放り込むだけの石原頼みの攻撃、
簡単にフリーランニングからチャンスを作られるDF陣、
プレスの甘い中盤。
すべてがギクシャクでチグハグだった。
こんな試合でデビューをしなければならなかった鎌田は不幸だったといえるかもしれない。
それでも、終盤にはサイドを駆け上がり積極的に攻撃参加するなどのプレーを見せたが、遅すぎた。
阿部、ナザ、大山といった選手を途中から起用しても、
チームに何の変化を与えることもできなかった。
力がなかったというほかない。
どちらに転ぶかわからない凡戦、
たまたま負けただけなのかもしれないけれど、
今日のベルマーレは勝てるチームではなかった。
残り5試合。
積み上げることのできる勝ち点はますます限られていて、
明日には5位まで落ちる可能性もある。
先週は天皇杯で北信越リーグのチームにも負ける。
チームの状態はここにきてどうにもならないくらいどん底だけれど、
それでも、それでも前に進むしかない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two + 9 =