長友佑都が世界の長友になるために

投稿日: カテゴリー: BLOG

インテル長友の人生を一体誰が予想できたでしょう。ついこの間まで北川景子の同級生であったことを幸せそうに語っていたあの長友ですが、いまや北川景子も手の届かない存在に。世界一のサイドバックを目指すといってはばからない長友だが、彼が本当に世界の長友になるには何が必要か。
そのためにはこれくらいはできてほしいこと。逆サイドのマイコンにストライクなサイドチェンジのボールを供給できること、好き勝手にオーバーラップするルシオに文句を言う。言い返されたら、黙れ豚足、ぐらいのことをいえるころ、それと、やっぱりダービーで結果を残すことが、日本人にとっては信頼を勝ち得る近道だとおもう。サイドバックに憧れる子供達がふえれば日本はめっさ強くなる。頑張れ長友。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

sixteen + thirteen =