走り続けるルーキー高山薫。

投稿日: カテゴリー: BELLMARE

湘南ベルマーレがホームで久しぶりの勝利をおさめ、順位も4位に浮上。
その原動力のひとつが、ルーキーで先発出場した高山薫であることは間違いありません。

90分間、足を止めずに走り続けていた特徴的な(自称)ブロッコリーヘア。
後半は守備でも自陣ゴール付近まで戻り、守備から攻撃への切り替えでも誰よりも早く相手陣内に駆け上がります。

驚異的なのはその爆発的なスピードと無尽蔵のスタミナ。
まったく足を止めることなく走り続けたことで、後半の鳥栖の攻撃を守りきり、完封勝利を収めることができたといっても過言ではありません。
最後のプレーで足がつったのはご愛嬌。

もちろん、まだまだ課題も多いけれど、そのプレーはサポーターの目にも印象的に焼き付いていることでしょう。

J初ゴールを決めた永木よりも、スーパーセーブを見せた西部よりも、
このルーキーのプレーは鮮烈な印象を平塚競技場に残しています。

次はJ2のジャイアン、FC東京との対戦。
ここで弾みをつけて連勝を!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

18 + 4 =