アウェーでドロー決着。勝ち点1の意味。

投稿日: カテゴリー: BELLMARE

J2の巨人、FC東京と対戦した湘南ベルマーレ。
試合は、前半1分に先制を許すという、非常に苦しい展開の中、1-1に追いつき、勝ち点1を分け合いました。

試合は、FC東京のパスワークと相手FWの突破力に押し込まれるような展開が続き、
湘南としては、縦のボールをことごとくつぶされ、手詰まり感がみられていました。
前線でボールを収めることができない巻、裏への飛び出しが機能しない高山、
勝ち点を得ることは難しいかと思われましたが、
65分に菊池と佐々木竜太を投入することで流れが変わりました。
前線でボールをうまく引きだし、前への推進力が生まれ、その結果、中村の同点ゴールが生まれました。

勝ち点1で終わりましたが、この試合で、ひとつ勝ち点を加えたことだけではなく、
FC東京に勝ち点3を与えなかったことが、長いシーズンを考える上では大きな意味を持ったのではないでしょうか。上位との差がほとんどなく、1試合で順が大きく変わる状況で、
力のあるチームが上位に走る展開になることは避けていきたいところ・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

3 × 4 =