大井健太郎がキャプテンマークを巻き続ける理由。

投稿日: カテゴリー: BELLMARE

湘南ベルマーレが2-0で首位を快走する千葉を下し、
ようやく6試合手にすることができなかった勝ち点3をとりました。
その立役者の一人は、先日父親になったばかりのゲームキャプテン、大井健太郎です。


17分に先制ゴールを決めただけではなく、集中して守り、失点をゼロで押さえました。
千葉の巨人CFオーロイをどう抑えるかが千葉戦のカギになるわけですが、反町監督が「オーロイの周り5mをしっかり固めて」と言った通り、
オーロイが落としたボールに体を投げ出して、チーム一丸となってゴールを守りました。
オーロイと対峙した大井、後半には競り勝つ場面などもありました。

これまで、反町監督就任以降、チームは日替わりキャプテン制度を導入していましたが、
連敗中にチーム内で話し合いを持ち、大井健太郎がキャプテンとして固定されることになりました。
移籍一年目ながら、チームリーダーとしてチームをまとめ、鼓舞する姿が若い選手たちにとっても大きな支えになっているに違いありません。

湘南ベルマーレはここからまた立ちあがって、昇格争いに名乗りを上げることができるのか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × 3 =