村松大輔は聖地ウェンブリーのピッチに立てるのか。

投稿日: カテゴリー: BLOG

オリンピック日本代表が快進撃を続け、ついに準決勝進出。
あと何分後かにキックオフで、メダルの行方が決まるのですが、
オリンピックで6試合できたというのは選手たちにとっても大きな経験になるでしょうね。

準々決勝はオールドトラフォード、そして、準決勝・決勝は聖地ウェンブリー。
ビッグタイトルを前に、日本がいまだ経験したことのない領域ですね。

そのU-23オリンピック代表で、注目しているのは清水エスパルス所属のDF/MF村松大輔。
2009年に湘南ベルマーレでプロとして一歩を踏み出す前は、本田技研浜松製作所で働いていました。

高校サッカーでは名門藤枝東で全国高校サッカー選手権決勝に進出しましたが、
決勝では大前元紀率いる流通経済大学柏に4-0と大敗。
ちなみに、その大前は清水で現チームメイト。

卒業後、プロの道に踏み出すことはなく、本田技研で勤務、自動車のギア製造ラインで油まみれになりながら、
日本フットボールリーグアマチュアのHONDA FCに所属しプレーしました。

その後、能力を高く評価したJ2湘南ベルマーレに入団。
スピードとボール奪取の能力を武器に、開幕からスタメンで大活躍し、その年のJ1昇格を決める原動力となりました。

翌年のJ1では、スランプに陥り、本来のパフォーマンスを発揮できないまま、降格。
心機一転、地元に近い清水で再起をかけるも出場機会にも恵まれず、結果を残せない日々。
U-23代表候補からも落選するようになり、オリンピック出場は絶望的な状況でした。

それでも、ボランチとして再ブレークを果たし、
トゥーロン国際大会での活躍やそのユーティリティ性が認められて、オリンピック代表に選出。

浮き沈みの大きなサッカー人生。
オリンピック開幕直前の親善試合で、失点につながるボールロストがあったこともあり、
本大会での出場はホンジュラス戦の1試合のみ。

けれど、
将来を嘱望され続けてきた世界中のサッカーエリート達が名前を連ねるオリンピックで、
アマチュア出身のサッカー選手が、
日本がまだ経験したことのない大舞台をプレーするとしたら、
どれだけ多くの人に勇気を与えることができるのだろう、と思っています。

そんなことを考えながら・・・キックオフを待ちます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

two × five =