「リンクの否認」を設置することで、逆SEOの効果を認めたGoogle。

投稿日: カテゴリー: BLOG

今日、検索エンジン最大手グーグルがこんな発表を行っています。

サイトへの不自然なリンクを否認する新しいツールの提供を開始しました

まず、みなさんもよくご存知の通り、リンクは Google の検索結果の順位を決める上で用いるシグナルで最もよく知られている要素の 1 つです。ページ間のリンクをたどることで、どのページの評価が高く、ユーザーにとって関連性が高いページでありそうかを知ることができると考えています。これが、PageRank の基本的なコンセプトです。PageRank は、Google がランク付けに利用している 200 以上のシグナルの 1 つに過ぎませんが、この PageRank は広く知られているため、それを悪用しようとする人達も存在します。Google はそうした不正なリンク操作に対してアルゴリズムと手動によるスパム対策を行っています。

不正なリンク操作をおこなったサイトに対して、Google は「不自然なリンク」についてのメッセージをウェブマスター ツールを経由して送ってきました。このメッセージは、有料リンクや、相互リンク、ウェブマスター向けガイドライン(品質に関するガイドライン) に反した リンク プログラム への参加が確認された際に送っています。もしこのメッセージを受け取った場合は、あなたのサイトへの作為的な、あるいは低品質なリンクを可能な限りすべて削除することをお勧めします。違反箇所を削除するこの方法が、問題の根本的な解決につながる最良の方法です。サイトへの作為的なリンクあるいは低品質なリンクを削除することによって、Google (そして他の検索エンジン)が将来あなたのサイトに対して再びスパム対策を実施する事態を防ぐことができます。同時に、問題のあるリンクを削除することによって、ユーザーがあなたのサイトへの不自然なリンクを見かけてあなたのサイトやビジネスを信頼できなくなる、といった事態を防ぐこともできます。

もし、疑わしいリンクの削除を可能な限り行ったにもかかわらず、なお削除ができないリンクが残ってしまっている場合は、今回提供を開始した「リンクの否認」ツールの利用を検討してみてください。
このページでは、まず対処を行いたいサイト(リンクを受けているサイト)を選択する画面が表示されます。

Googleはリンクをされている数や質でサイトの優劣を決めて順位付けをするアルゴリズムを持っています。
ただ、低品質なリンク・不自然な過剰リンクに対して、厳しいペナルティを頻繁に行っており、
それによって検索順位も大きく揺れ動いています。
このアルゴリズムの変更はペンギンアップデートと呼ばれています。
要は、有料リンクであったり、一括登録のようなツールを使って、ただ数だけ増やしたようなリンクで、
検索の順位を上げないし、度が過ぎたものにはペナルティで検索から外しますよ、という話。
リンクされることに質を問わず、量だけを追い求めていたSEO業者が泡をふいています。

それで、ですよ。
せっせと質の低いリンクを外したり、質の高いリンクを追い求める人もいれば、
そんな検索エンジンのアルゴリズムを悪用する人もいるんです。
それが逆SEOという手法で、ライバルサイトに不自然な大量のリンクを貼り付けてしまうというものです。

Googleがそんな小手先の嫌がらせでサイトの順位を落とすものかとも思っていました。
ただ、今回のgoogleの発表を聞いて、
逆SEOによる被害に対する救済という面を持っていることで、
逆SEOという手法はライバルサイトを蹴落とすことに効果があったということを逆に証明してしまっていることに気が付きました。

Googleのウェブマスターツールを使っていればそれを解決することができるのですが、
どれが悪質なリンクなのか、いつ貼られたのかといった情報なども提供されません。

アクセス数が急に落ちる→サイトの検索順位が落ちていることに気が付く→なんだか見覚えのないリンクが張られていることに気が付く→リンクの否認を申し込む

という流れになるのですが、悪質なリンクがどれなのか正体をつかむことはかなり難しいのではないかという気がします。
そう考えると、効果が証明された逆SEOを使う卑劣な業者も増えることになりそうですね。
アップデートのたびに、悪質なSEO業者を意識するあまり、
サイトの品質を評価する、というところからどんどん離れてきてしまっている気がします。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

2 − 1 =