BELLMARE

遠藤航のいない残り3試合。GET9を目指して。

湘南ベルマーレはホームで千葉相手にドロー。
先制するものの、オーロイを入れてパワープレーに出る千葉の圧力の前に失点。悔しすぎる勝ち点1。

何が悔しいかって、昇格争いのためには是が非でもほしかった勝ち点3がとれなかったことだけではなく、
千葉の放り込みサッカーに対して、ずるずると引き下がりなすすべもなく失点してしまったことが悔しい。
追加点を目指すといいながら、守備的な選手を次々と入れて、守りを固めに入ってしまった指揮官の采配にも疑問が残ります。
走って前に出て攻めて積み重ねてきた勝ち点なのに、いまさら守り勝とうとして勝てるものか。

しかも、この試合を最後に、守備の柱、遠藤航がU-19日本代表として、
アジアU-19選手権出場のためにチームを離れます。
だから、勝って送り出したかったはずの試合なんです。

残りの3試合。
勝ち点:GET3×3試合=GET9が至上命題。
それでも、現在2位で1試合消化試合の少ない京都には届かない可能性が高い、
いよいよプレーオフを覚悟しなきゃいけなくなってきたわけです。
心臓に悪い。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

four × three =