日本代表メンバー23名発表。サプライズはこれからが本番!

投稿日: カテゴリー: BLOG

日本代表メンバー23名が発表されました。
大久保嘉人選出をサプライズと報道されていますが、
昨年・今年の個人としての成績を見れば、妥当すぎる選出とも言えます。
日本の強みは左サイドでチャンスを作って、
クロスに対してニアにワントップ(大迫・柿谷)、ファーに右の岡崎が飛び込むという形ですが、
岡崎が使えない場合であったり、逆に左サイドからゴールを狙える選手をという見方もできます。

むしろ、最大のサプライズは細貝(ヘルタベルリン)の落選だったとも言えます。
所属クラブでも好調を維持し、ボランチだけでなくセンターバックでの出場も結果を残し、監督が求めるユーティリティ性も備えているようでしたが。
ザッケローニのコメントから、
同じポジションの青山と細貝を比較して青山を選んだのではなく、大久保と細貝を比較して大久保を選んだということになります。
攻撃でオプションとなる選手を一人でも多くという思惑が勝ったということでしょう。

もうひとつ、特筆すべきはDF伊野波の選出です。
結局センターバックは計算できる駒が少なかったために、これまでの実績から伊野波を選んだという形でしょうが、
今シーズンの磐田での試合を見たところ、到底代表のレベルといえるようなものではありませんでした。
結局、J2首位のチームからは誰も声がかからず、でも声をかけられちゃうとリーグ戦で戦力ダウンになるし、
あ、磐田戦はワールドカップ期間中だから磐田は伊野波抜きだなぁ、とか余計なことばかりを考えてしまうわけですが。
伊野波の選出のカギは、やっぱりスリーバックを組むことも想定してということなんだと思われます。
そのためには、ある程度代表での出場を重ねて戦術理解ができている選手を使いたいというややもすると消極的な思いだったのではないでしょうか。
このチーム、本当にセンターバックは最後まで泣き所になりそうです。

決定したからには、この23人に日本代表チームの命運が握られているわけで、
日本のサッカー少年たちの未来のためにも、ぜひベスト8以上を。
そう、サプライズはこれからが本番!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

20 − 16 =