訪問介護事業所のホームページ作成について

訪問介護事業所のホームページ作成について

訪問介護事業所は以前は介護保険制度下で最も事業所数の多いサービスでした(現在は通所介護)。

地域で競合相手も多いサービスでもあります。

 

ここ数年、訪問介護事業所の閉鎖が非常に増えています。

常勤換算2.5人で開設でき、ハード面の設備に必要なハードルも低いため、参入しやすいという反面、

新規利用者が増えない、ヘルパーを確保できないという状況から

事業所閉鎖という選択を取るケースも増えています。

訪問介護事業所にとっては、生き残りをかけたサバイバル時代です。

 

 

差別化の難しさ

訪問介護サービス

 

そして、訪問介護事業所の多くが頭を悩ませているのが差別化の難しさです。

例えば、デイサービスでは機能訓練特化型、認知症対応型、時間延長対応のレスパイトなど、
ハードであったり職員体制によって様々な差別化戦略を立てることができます。

訪問介護事業所にとっては、それが難しいということが一つにはあります。

例えば、

・障害福祉サービスへの対応、

・たん吸引などの医療ケアの研修修了者の有無

・夜間等の対応

・通院時等乗降介助

・特定事業所加算による24時間連絡体制

など、差別化を行うことはできると思いますが、
それだけを売りにしても、地域のケアマネの信頼を勝ち得ることはなかなか難しいでしょう。

訪問介護事業所が生き残っていくために、どのような戦略を立て、そしてウェブサイトを活用していくべきか。

 

顔が見える事業所に

やはり、訪問介護事業所の特徴ってサービス提供責任者によって変わってくるのだろうと考えます。

ケアマネが訪問介護のサービスを依頼するにも、
この人になら任せられる、と思わせられるサービス提供責任者であることが重要になります。

サービス提供責任者の顔が見えること、これが重要です。

なので、きっと訪問介護のサービス提供責任者は実績や報告書をもって毎月ケアマネさんの事業所を訪問しているのだと思います。

ウェブサイトもその活用方法の一つとして取り入れてみてはいかがでしょうか。

ツイッターなどのSNSを活用して、サービス提供責任者のキャラクターが見えるなんてことも大事です。
顔を出すのはちょっと・・・と思う方も多いかと思いますが、
顔を出さなくてもきっとキャラクターや人となりなどは伝えることができるのではないでしょうか。

 

研修内容など

普段の訪問以外に、どんな取り組みをしているのか、どんな研修を行っているのか、
そんなことが見えると、より信頼感を与えることができるのではないでしょうか。

研修についてはきっと多くの事業所が行っているかと思います。

個人名などを隠すなどの加工は必要かと思いますが、写真と一緒に研修報告書を載せるのであれば、
それほど大きな手間にはならずにできることだと思います。

ケアマネだけでなく、利用者側が見ても安心できる材料を与えることができます。

コンプライアンスが重要な訪問介護サービス。

訪問介護事業所に関しては、近年、コンプライアンス(法令順守等)の問題がかなりクローズアップされています。

たとえば、平成30年4月の介護保険法改正の際、訪問介護のうち家事援助の利用回数が一定基準を超える場合はケアプランの提出が求められるようになるなど、
提供しているサービスの必要な根拠であったり、利用者の自立支援に結び付いているかという観点で見ていくことが
これまで以上に求められるようになっていると感じます。

非常勤の職員も多く、ヘルパー全体に周知することも難しいとは思われますが、
ホームヘルパーに求められている役割も大きく変わりつつあるように感じます。

そんな訪問介護の最新情報については、弊社の運営サイト「ホームヘルパー井戸端会議」でも提供していますので、
情報を活用していただければ幸いです。