介護事業者のためのPR戦略|地域で輝き・生き残るためのマーケティング

介護事業者がホームページを活用したウェブマーケティングを行うために。

介護事業者に求められるマーケティング戦略介護保険事業者はいま、生き残りのための熾烈なサバイバル時代に突入しています。

社会保障費見直しに伴って改定のたびに介護報酬は削減され、厳しい制度による規制、人材確保など、課題は山積しています。

地域で生き残るために。

地域でNo.1になるために。

介護事業者に求められるのはマーケティング戦略です。

地域を知り、地域の声に応えることのできる事業者が生き残るのです。

 

必要なのは双方向のコミュニケーション

今後、必要になってくるのは地域と事業所の双方向のコミュニケーションです。

ウェブサイトは「そこにあるだけ」では、その価値を十分に発揮できません。

積極的に情報発信し、そしてSNSなどを通じてコミュニケーションをすることも重要になります。

「介護を地域に開かれたものに」

事業所が行っている介護サービスの魅力をホームページを通して発信し、
それに共感する人・支援する人を増やす。
それが地域をより良いものにしていくムーブメントとなる。

そんな地域が少しずつ増えていくことを願っています。

それが、私たちウェルコネクトの願いです。

 

マーケティング戦略の参考に

介護事業者のマーケティング戦略の参考になるよう、介護と情報やITに関する記事をまとめていますので、ぜひご活用ください。

 

介護サービス事業者のためのPR戦略

ケアプランデータ連携システムが「ゴミ」と呼ばれる未来

ケアプランデータ連携システムは「ゴミ」確定?多職種連携を妨げるものは?

みなさん、「ケアプランデータ連携システム」って知っていますか? 今まで「紙」媒体で受け渡ししていたケアプランをデータでやり取りしましょうよ。という話です。 ふーん。 というか、介護業界以外の方が見たら「え?」「いまさら?」「いま何時代よ?」と全力ツッコミされそうな話ですが、まだま […]

ケアマネの高齢化がヤバすぎる

高齢化するケアマネ。衝撃すぎる平均年齢は・・・?

介護労働実態調査、ケアマネの平均年齢は? 毎年行われている介護労働安定センターによる介護労働実態調査。 この調査により、介護労働者の待遇や賃金、保有資格などの実態が見えてきます。事業所に送付し、事業所が回答するものと、従事者が回答し、返送します。 令和3年度「介護労働実態調査」結 […]

福祉用具貸与のみのケアプラン減額問題。ケアマネが徹底的に反論すべきその理由

久しぶりにブログ更新します。 すでに介護保険制度の次期改定にむけた議論が盛んにおこなわれています。 2024年改定は事業者にとって逆風になるんじゃないかという意見が強く、おそらくこのまま大幅なマイナス改定路線で進むと思われます。じゃあなんのための消費税増税だったのか、全額社会保障 […]

以前の記事を見る