介護事業者のためのPR戦略

介護事業者がホームページを活用したウェブマーケティングを行うために。

介護保険事業者はいま、生き残りのための熾烈なサバイバル時代に突入しています。

地域で生き残るために、地域でNo.1になるために、介護事業者に求められるのはマーケティング戦略です。

地域を知り、地域の声に応えることのできる事業者が生き残るのです。

 

必要なのは双方向のコミュニケーション

今後、必要になってくるのは地域と事業所の双方向のコミュニケーションです。

ウェブサイトはそこにあるだけでは、その価値を十分に発揮できません。

積極的に発信し、そしてSNSなどを通じてコミュニケーションをすることも重要になります。

「介護を地域に開かれたものに」

それが、私たちウェルコネクトの願いです。

 

マーケティング戦略の参考に

介護事業者のマーケティング戦略の参考になるよう、介護と情報やITに関する記事をまとめていますので、ぜひご活用ください。

 

介護サービス事業者のためのPR戦略

令和元年10月から介護報酬改定!重要事項説明書の内容、確認しましょう!

令和元年介護報酬改定! 去年介護報酬があったばかりなのに、また改定・・・その理由は。 去年4月に介護報酬改定したばかりじゃん・・・。という声があちこちから聞こえてきそうです。というか、実際聞こえています。 まあ、そうなんですけどね。 今回の […]

地域密着型通所介護、45.5%が赤字経営!生き残るために必要なのは・・・

小規模デイサービスに待ち受ける厳しい現実 福祉医療機構が6月28日、2017年度の通所介護の経営実態を分析した最新のレポートを公表した。 平成29年度 通所介護事業所の経営状況について  小規模の「地域密着型」は全体の45.5%が赤字。赤字 […]

特定処遇改善加算、「見える化」にはホームページの活用を

今年10月に行われる特定処遇改善加算。 算定要件などが明らかにされ、Q&Aも公開されています。 特定処遇改善加算の「見える化要件」 そのなかで一点。 いわゆる見える化要件と言われるものです。 (見える化要件) 特定加算に基づく取組に […]

以前の記事を見る