介護事業者のためのPR戦略

介護事業者がホームページを活用したウェブマーケティングを行うために。

介護保険事業者はいま、生き残りのための熾烈なサバイバル時代に突入しています。

地域で生き残るために、地域でNo.1になるために、介護事業者に求められるのはマーケティング戦略です。

地域を知り、地域の声に応えることのできる事業者が生き残るのです。

 

必要なのは双方向のコミュニケーション

今後、必要になってくるのは地域と事業所の双方向のコミュニケーションです。

ウェブサイトはそこにあるだけでは、その価値を十分に発揮できません。

積極的に発信し、そしてSNSなどを通じてコミュニケーションをすることも重要になります。

「介護を地域に開かれたものに」

それが、私たちウェルコネクトの願いです。

 

マーケティング戦略の参考に

介護事業者のマーケティング戦略の参考になるよう、介護と情報やITに関する記事をまとめていますので、ぜひご活用ください。

 

介護サービス事業者のためのPR戦略

特定処遇改善加算、「見える化」にはホームページの活用を

今年10月に行われる特定処遇改善加算。 算定要件などが明らかにされ、Q&Aも公開されています。 特定処遇改善加算の「見える化要件」 そのなかで一点。 いわゆる見える化要件と言われるものです。 (見える化要件) 特定加算に基づく取組に […]

ブログ

ブログサービスを利用するメリットとデメリット

介護事業所のホームページも最近増えてきました。 ブログを運営しているところも多くなっていますが、ブログだけは外部の無料ブログサービスを利用するところも多いですね。 アメブロ、ライブドア、FC2など、デザインの種類も豊富で、無料で利用できるブ […]

処遇改善加算の取り組みをホームページで公表を

平成31年10月特定処遇改善加算取得のために「ホームページ掲載」による見える化が要件とされる

介護職員の給料が月8万円増えるという触れ込みだった新しい処遇改善加算。 加算の名称が「特定処遇改善加算」に決定。内容については、がっかりの声が大半だったことは間違いないわけですが・・・。 8万円給与をアップできる職員がいないとこの加算の取得 […]

以前の記事を見る