BLOG

ぷららとwinnyと個人情報。

ぷらら、バックボーンで「Winny」通信規制を決定

 「ぷらら」を運営するぷららネットワークスは3月16日、ファイル交換ソフト「Winny」による通信を、完全に規制することを決めた。ネットワーク上を流れる通信データのパターンを見て、Winnyの通信と判断したものを完全に遮断する。実施時期は早くて5月ごろ。
 同社では2003年11月から、WinMXやWinnyなどのファイル交換ソフトに対して、利用できる帯域を制御するなどの取り組みをしていた。

自分もぷららのユーザーなので、気になるニュースですね。
ただ、連日報道される個人情報流出のニュースを見ると、
きっと、どこかで規制をかける必要があったのかもしれません。
私物のパソコンで会社の仕事をするな、なんて言いますが、
現実問題、家に持って帰らざるを得ないというのが、多くの会社員の本音でしょうね。
それは社員のモラルだけの問題ではありませんよね。
さらに、winnyだけではなく、「山田オルタナティブ」など、
winnyを介さないでも、PC内の情報を流出させるウイルスも流行しており、
問題はそう簡単でもなさそうです。
さて、自分個人としてはwinnyを使っていないのですが、
この規制でぷららの利用者の大幅減なども懸念されています。
サービスの質が低下することは避けてもらいたいものですが。
これに関連するニュースはこちらから。
【6位】ぷららがWinnyの完全規制を決定


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です