介護サービスが選ばれる時代に向けて

いまだに、介護事業者のホームページの数は少なく、
ホームページを持っていたとしても、掲載している情報量や更新の頻度、ソーシャルネットワークを利用した情報伝達のための仕組みなど、
いずれをとったとしても、全体的に見て高い水準でないことは残念ながら明らかです。

介護事業にとって大切なのは、介護サービスという目に見えないものを、 どのように他事業者と差別化し、
どのように表現し、どのように伝えていくかということではないでしょうか。
そして、それができる事業者が逆風の中にある厳しい競争の中でも生き残る、強い事業者ではないでしょうか。

そのために、ホームページというものは大きな戦略的価値を持った道具だと考えられます。

まだまだ先のことに感じるかもしれませんが、近いうちに、介護サービスが選ばれる時代になります。
選ばれる事業者となるために、何をすべきか。
情報伝達手段としてのホームページはますます重要性を増していきます。

ホームページを利用した介護事業所生き残りのための情報戦略について
このサイトを通してみなさんにお伝えしていきたいと思っています。

介護サービスが選ばれる時代に向けて” への1件のフィードバック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です