BLOG

人材がとれる介護事業所のホームページとは?

介護事業者と採用者とのミスマッチを防ぐためのセミナーを開催

 株式会社船井総合研究所は、介護業界初のセミナー「人材がとれるホームページのつくり方」を10月16日、東京本社(東京都千代田区丸の内)を会場に開催する。
 離職率が他業界に比べて高い介護業界においては、新人や即戦力のスタッフが入社して3ケ月程度で辞めてしまったというケースが多く、ある試算では、3ケ月で会社を辞めてしまった場合、150万円前後の損失が出るとも言われている。
 辞職の主な原因は、企業と個人のミスマッチで、今回のセミナーではそのミスマッチを未然に防ぎ、「採用のキャンセル待ちができている」介護事業所のトップを講師に招いて、辞めない人材がとれる採用方法の具体事例を紹介する。
 主な3つの講座のテーマは「1年前よりなぜ応募がこない?募集広告の効果が出ない真の理由」「もし採用をまたはじめるなら連絡ください!応募者の行列ができる介護事業所の魔法のステップ」「初心者でもうまくいく!ホームページ製作の7つのステップ」など。参加費は21,000円で、介護事業所経営者と役職者などを対象に行う。

と、そんなセミナーがあるそうですので紹介してみました。
興味のある事業者さんはどうぞ。
ホームページはいまや求人のための大きなツールでもあります。
若い年代の求職者の多くは、
就職を希望する施設・事業者をまずネットで検索にかけて、ホームページを探します。
ホームページ以外の媒体を通じて知った求人情報であっても、
ホームページの情報が応募の決め手となるケースも少なくありません。
魅力あるホームページ作りが、求職者に与えるインパクトは非常に大きなものです。
美辞麗句などを並べた表面的なホームページではなく、
その施設での利用者さんとの日々の関わりや、事業所内での雰囲気を伝える
ブログ形式の等身大の情報を伝えることで、
求職者にとっては、就職先で新たなチャレンジに挑む自分自身をイメージすることができます。
そこで、
就職してから、こんなはずじゃなかった、というミスマッチの多くは防げるのではないでしょうか。
と、これはウェルコネクトとしての見解ですが、
船井総合研究所さんはどんな見解でどんなセミナーを開催するのでしょうか。
参加費が21000円ということで、安いか高いかはみなさんの判断次第です。
ちなみに、
ウェルコネクトでのホームページ制作はこちらの料金設定でご案内しています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です