介護サービスと情報

介護のマーケティングにおける4つのP。

マーケティングの基本として、4つのPという言葉を聞いたことのある人もいるかもしれません。

・Product(製品)
・Price(価格)
・Place(場所)
・Promotion(PR:プロモーション)

介護サービスを行う上で、この4つのPのうち、変更することのできない要素があります。
Priceは介護報酬が設定されているため、
価格の自由設定ができません(福祉用具はある程度の設定ができますが)。
ですので、Priceは4つのPから除外します。

それ以外のPを見ていきましょう。

Productは製品ですが、介護サービスの場合は商品を売るわけではありませんので、
提供するのはサービスです。
ProductというよりもPeopleの要素が大きくなりますね。
採用・教育など、優秀な人材がサービスの基礎になります。

Placeは流通チャネルなどを意味し、どんな場所で販売を展開するかといった内容になります。
サービスが地域に密着したものになりますので、
新規事業所の開設には高齢者人口や競合サービスの有無などの情報が重要になります。
ただ、開設以降はおそらく通所サービスの送迎範囲や訪問サービスのサービス提供範囲の設定などが重要ですね。

そして、Promotionについては
ウェブプロモーションの情報を中心に今後も機会あるごとに紹介していきたいと思います。

もうひとつPを加えるとすれば、
・Philosophy(経営理念)
ではないでしょうか。
介護事業者として、どのような理想を掲げ、どのような地域を作っていきたいか、
そういった明確な経営理念が欠如している事業者も多いのが実情です。
人を引き寄せる理念があって、はじめて地域に必要とされるサービス事業者となります。

ということで、介護サービスにおけるマーケティングの4つのPは、
・Place(場所)
・Promotion(PR:プロモーション)
・People(人材)
・Philosophy(経営理念)
といえるのではないでしょうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です