J1昇格へのカウントダウン。あと47試合。

いよいよJリーグが開幕しました。
湘南ベルマーレはホーム開幕戦をベガルタ仙台と戦いました。


湘南は、ジャーン、斉藤という強力なセンターバックコンビを含め、
金、財津、鈴木将太、原と新戦力をスタメンに起用。
前半5分にMFアジエルがカウンター、子気味よいステップから先制点を奪います。
が、試合は仙台がMFロペスを中心に厚みのある攻撃で優勢。
その最大の原因となったのが、湘南の右サイド財津。
中途半端なポジショニングで、仙台の左サイドに攻撃の基点を作られ、
試合を完全に支配されていました。
この試合、湘南の右サイドは完全に死に体となり、
財津がそのスピードを見せる機会もありませんでした。
そして、セットプレーからのオウンゴールという、誰もが予測し得なかった形で失点。
後半は柿本と加藤、二人のベテランを起用するも、劣勢は覆ることなく。
ロペスのパスを受けた斉藤がペナルティエリアで相手FWを倒して・・・ファウル?
よく見ると、斉藤のタックルは確実にボールをとらえており、
疑問の残る判定ではあったものの、このPKで逆転を許してしまいます。
試合はそのまま終了。
チームが掲げたスローガンは「リバウンドメンタリティ」。
逆境に立ち向かう精神力を大きなテーマにしていたものの、
跳ね返す力はなく、開幕戦を終えました。
この試合は、財津と心中したといってもいいかもしれません。
大事な開幕戦で、それでも彼を使い続けた菅野監督には、
右サイドバック財津がこの長いシーズンで絶対に必要になることを確信していたからではないでしょうか。
そして、センターバックコンビは2失点したものの、
安定した守備と経験でチームを支えたことは、計算のできる大きな収穫です。
まだ下を向くには早すぎる。
リバウンドメンタリティを求められているのは選手・スタッフだけではなく、
サポーターもなのですから。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。