BELLMARE

湘南ベルマーレ、2007シーズン総括 ボランチ編

ボランチ。坂本はまさにチームの心臓だった。


昨シーズンの終盤からボランチにコンバートされた坂本。
視野の広さ、正確なボールタッチ、あきらめない魂のこもった守備、労を惜しまぬランニング。
考えてみればボランチに必要な要素はすべて持っていたのかもしれない。
坂本が攻撃参加することで、チームは攻撃モードに変わる。
坂本がひとつのスイッチとなっていた。
第3クールの東京ヴェルディ戦。
1点ビハインド、劣勢のベルマーレ。
さらに、坂本は不可解なイエローカードを受けて時節出場停止が決定。
坂本はこの試合の重要性を、これから続く試合の意味の大きさを誰よりも感じていた。
そして、終了間際に、ドリブル突破から、同点ゴールを生むセンタリング。
坂本がチームを救った、象徴的なシーンだった。
来シーズンも、坂本がチームの牽引車として、中盤を支えることを期待したい。
もうひとつのポジションは、北島が中盤戦までスタメンを務めていた。
北島は高いインターセプト技術で、チームへの貢献も大きかった。
しかし、危険なパスミスなども目立ち、スタミナからか運動量も落ちたように感じる。
代わってスタメンとなったのは田村。
とにかくよく走り、体を張る。
器用なことができる選手ではないが、チームにとっては貴重な汗かき屋だ。
ハードワークで、相手の中盤のキーマンを止める。
今シーズン最も成長した選手の一人かもしれない。
坂本・田村を軸に展開していくことになりそうだ。
トップ昇格を果たした林の成長にも期待したい。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です