BLOG

縦長ワンページのウェブサイト制作について

ホームページ制作の様子

ウェブサイトをもっとシンプルに

ウェブサイトにはアクセスするユーザーが求めるだけの情報量があって、発信する側も伝えたい情報を発信できて、伝わりやすさを備えていて・・・。

それが理想だけれど、こと介護事業に関しては人手も少ない、ウェブサイトの更新作業などの裏方作業にかけられるリソースがそもそもない、なんて声も聞かれます。

いろいろ考えたんですが、もっとシンプルなプランがあってもいいのかなと。

いまの介護事業所は大規模化が進んで、小規模な事業所はどんどん淘汰されていってます。この流れはもう止めようがないのかなという気もします。

ただ、小規模の事業所でも生き残る事業所は、生き残るだけの魅力があって、人材を確保できていて、みんなが生き生きと働いている。そんな事業所を応援することも大事な役割だと思っています。

ウェブサイトにかけることのできる人手や資金などのリソースが不足している事業所のためのプランを作ろうと思っています。

縦長ワンページで必要な情報を掲載したレスポンシブレイアウトのウェブサイトを、これまでの料金設定よりも安い料金設定で提供しようと思っています。

今回の特定処遇改善加算の見える化要件という「処遇改善加算の取得状況」や「処遇改善に向けた取り組み」なども掲載できるプランの作成準備にかかっています。

具体的なことはまた改めて準備ができ次第、リリースしたいと思います。

どうぞお楽しみに。

さて、明日はコパアメリカ、日本対チリ。左サイド、湘南の杉岡の活躍に注目しましょう!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です