BELLMARE

試合を変えた湘南のダイナモ、永田亮太

まったく調子の上がらない湘南ベルマーレはアウェーで草津と対戦。


前半、原と石原のツートップが前線で体を張ることで、
試合の主導権を握りながらも、決定機を逃し続ける湘南。
後半になると、まったくボールが収まらなくなり、
ついには草津にカウンターから先制点を許す。
リンコン・鈴木将太投入も実らず、
菅野監督が最後に切ったカードは永田亮太。
全体的に守備が軽く、球際で圧倒されていた湘南だったものの、
立命館大学出身ルーキー永田の精力的なランニングでそれを補い、チームを活性化することに成功。
ボランチの位置から積極的に前線に飛び出し、チームの攻撃にようやく勢いが生まれる。
そして、同点ゴールは永田のセンタリングから、最後はリンコンが決める。
逆転のゴールをアシストしたのも永田。
右サイドを駆け上がり柔らかいセンタリング、リンコンの頭にピタリと合わせた。
最後はハンドによるPKをとられるなど、最後までぴりっとしない試合展開となったが、
それでも永田がこうして結果を出したことはそれ以上に大きな価値がある。
ゲームを作り、得点を狙えるダイナミックなボランチがようやく始動した。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です