BELLMARE

連勝ストップ。菅野監督の采配は正しかったのか?

湘南ベルマーレの連勝は3でストップ。
山形戦での試合を振り返ったとき、いくつかの課題が浮き彫りとなった。


山形は、運動量でも、フィジカルコンタクトの強さでも湘南を圧倒した。
後半の失点で、チームは完全に浮き足立ち、バラバラに。
攻撃の足がかりをつかむために、菅野監督は早めにリンコンを投入。
しかし、リンコンはまったくボールを収めることができず、
攻撃の起点をつくることすらままならなくなってしまった。
永里、鈴木伸貴を続けて投入するも、まったく効果を見せなかった。
そして、ポジションチェンジで急遽センターバックとなった三田がイエローカードを受けて退場。
やることなすこと、全てがうまくまわらず、山形の術中にまんまとはまってしまった。
リンコンを投入する時間が早かったことは、
失点でリズムを失ったチームをますます混乱させる結果となってしまった。
ボールが収まらない状況で、スピードのある永里が入ってもアップダウンを繰り返すだけ。
そして、敗因のひとつは、ジャーン・田村を欠いた守備陣をあえていじったことにもある。
臼井のコンディションが戻ってきたからといって、
不安要素だらけのDFラインをいじって、好調だった鈴木伸貴をはずす必要があったのか。
この日の菅野監督の采配にはいくつもの疑問が残った。
チームは3連勝で2位まで順位を上げていたものの、
チームの調子自体は決していいものではなく、ドタバタの中で勝ち点が転がり込んできたような印象だ。
そういった部分の反省や課題をしっかりクリアにしていかなければ、
昇格を手にすることは難しいのではないか。。。
苦手な山形との試合を終えたばかりで、次もますます苦手な福岡戦。
苦手チームをしっかり攻略していけるのかが今シーズンの鍵となりそうだが・・・。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です