NEWS

Yahoo!japanの検索結果の表示が変わります。

莫大なアクセス数を誇り、
国内でのインターネットの入り口ともいえるオバケサイト、Yahoo!Japan。
ご存知のとおり、検索サイトとして多くのユーザーに親しまれています。
Yahoo!の登録サイトとなることが、
ウェブサイト成功への最大の近道といわれていました。
が、それがどうやら変わりそうです。
現在のところ、Yahoo!の検索結果は、
1.カテゴリとの一致
2.登録サイトとの一致
3.ページとの一致
で表示されます。
つまり、重要度は
登録サイト>ページ検索
であり、サイト登録されたもん勝ちで、どんなSEO対策よりも効果的なのです。
が、Yahoo!のサイト登録には大きな欠陥があります。
それは、新規サイトの登録数が極めて少ないことです。
サイト登録への審査が厳格になり、Yahoo!に登録されているサイトの多くは、
古いサイトで、更新されていないものも多くなっています。
かつてはサイト登録はどんなサイトでも簡単に行われていたのですが、
登録サイト数が増えるにつれ、審査を厳密に行うようになり、
現在登録されるサイトはほんの一握りでしかありません。
結果、検索するユーザーは古い情報ばかりをたらいまわしにされることになるのです。
しかし、10月以降はこの検索結果の表示が大きく変わります。
検索結果の表示には、ロボット検索によるページ検索結果が全面に出されます。

ヤフーがロボット検索全面採用 10月から“Google型”に

 ヤフーが10月から検索サービスを切り替える。カテゴリ検索主体のサービスをやめ、Yahoo Serach Technology(YST)を使ったロボット検索「Yahoo!検索」をメインサービスにする。
 従来の検索では、キーワードに関連する複数のYahoo!カテゴリやサービス、すべての登録サイトを表示した後、ロボット検索結果を表示していた。
 Yahoo!検索は、カテゴリやサービスの検索結果はそれぞれ1件のみの表示に抑え、ロボット検索結果にすぐにたどり着ける。タブを切り替えれば、登録サイトのみの一覧表示も可能。これまでβ版を公開してきたが、検索精度が十分に向上したためメインのサービスにする。

ということで、
まずはSEO対策がYahoo!においてもますます重要度を増したということになります。
自分もYahoo!のカテゴリに登録されているサイトを2つ制作・管理しています。
けれど、Yahoo!のロボット検索でも、主要キーワードで1位なので、
それほど影響はないかもしれません。
既存のディレクトリ登録サイト軽視という声もあるし、
SEO対策ばかりに力を入れた情報の乏しいサイトが上位になってしまうという危惧もあります。
ただ、Yahoo!の検索を活性化させるためにはいいかもしれませんね。
ちなみに、

「介護」

+

「ホームページ制作」

で、検索したところ、こんなサイトがトップです。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です