BLOG

小惑星「Ebina」。日本の海老名は宇宙の海老名へ。

ホームタウン「海老名」が星になりました。

 NPO法人「日本スペースガード協会(高橋典嗣理事長・海老名市東柏ケ谷在住)」は、発見した小惑星が、海老名市にちなんだ「Ebina(海老名)」と命名されたと発表した。

 同協会は海老名市とのかかわりが深く、創立10周年の記念講演会や天文教育者シンポジウムを開催したほか、平成2年からは毎年夏休みに市内小中学生を対象に「星の学校」を開講している。
 また、平成21年に開催した観測体験イベント「スペースガード探偵団」には、市内小中学生3人が参加し3つの新天体を発見するという快挙を成し遂げた。

 こういった海老名市内の児童・生徒の天文学への熱心な取り組み状況、市が市制施行40周年という節目の年を迎えたことを受け、同協会は国際天文学連合・小惑星命名委員会に「Ebina」の命名を申請。このたび認定された。

 「Ebina」は直径約5キロメートル、太陽の周りを3年5か月で公転する小惑星。
 平成23年12月23日時点での地球から「Ebina」までの距離は約2億3千万キロメートル、太陽から「Ebina」までの距離は約3億7千万キロメートル。

2億3千万キロメートル先に、同じ海老名と名前が付く星があると考えると、ロマンチックなものです。
でも、直径5kmって、ことは・・・。
海老名市の面積は26.48km。東西6.150km、南北8.7km。
うん、海老名市より小さい。

形はやっぱりメロンパンの形をしているのかなぁ。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

five × five =