セブンミールの配食サービス、ターゲットは高齢者だけではない。

投稿日: カテゴリー: BLOG

ご存知の方も多いかと思いますが、セブンイレブンの食事宅配サービス「セブンミール」が新しくなりました。
これまでは、配送料200円が必要だったサービスが、
500円以上の購入であれば配送料は無料となりました。

店員さんにも話を聞いたのですが、
これまでのセブンミールは、配達の注文を受けて、配送業者から配達していたようですが、
これを、注文を受けて店舗ごとに商品をおろして、店舗のスタッフが直接配達に向かうんだそうです。
配達するスタッフが必要なので、同じセブンイレブンでも、配達ができる店舗とできない店舗があるということでした。
セブンミールのチラシが置いてあるか置いていないかがわかりやすい目印になりそうです。

今までのセブンミールよりは格段に使いやすくなったこと、
そして、日替わり弁当500円という価格は高齢者向けの配サービス業者の価格と比較しても格安です。
弁当のついでに、店舗で販売しているような飲み物、食材、スイーツなども頼める。
味に関しては、コンビニ弁当に慣れている人にとっては馴染みの味ですが、
管理栄養士による塩分・カロリーコントロールもできています。

買い物に行けない高齢者世帯などには重宝されそうです。
価格やサービスで対抗できない配食サービス業者は一気に利用者を失いかねません。

ただ、それだけではなく、
ごはん大盛りを無料にしたり、
かなり値段は張るけれどポケモン弁当を注文できたり、
高齢者だけではなく、より幅広いターゲットを視野に入れた戦略も感じられます。

家庭も多様化し、配食サービスというニーズも多様化しています。
配食サービスの業者も増え、生き残り競争も激化していくでしょう。
高齢者をターゲットにする配食サービスだけを行うのではなく、
どれだけ広い客層やニーズを取り込んでいけるかが、重要なポイントになりそうですね。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

six + seven =