BELLMARE

湘南ベルマーレフットサルクラブ、クラブ史上初!プレーオフへの挑戦へ。

ベルマーレフットサルクラブ ポスター

Fリーグ湘南ベルマーレフットサルクラブは17-18シーズンのリーグ戦を終え、
最終順位3位というクラブ史上最高成績を収めました。
そして、上位5チームが参加するプレーオフに初めて出場することになりました。

シーズンを通してキレッキレの切り返しで相手をきりきり舞いにするロドリゴ。

フットサル転向から一年で日本代表候補にまで昇りつめた規格外のコカD砲、小門。

そして、フットサルの概念を変える超攻撃型ゴレイロ(GK)フィウーザ。

フィウーザが攻撃参加することで、数的優位を生み出す。
言えば単純なことだけれど、これがあるから、
普通は複数の選手でボールを運ぶところをGKともう一人の選手で運べるので前線に攻撃の選手を残せる。
隙あらばGKがそのままミドルを狙うので相手は放置できない。
またGKが高い位置をとることでカウンターされた時のスペースのケアも行う。
これだけGKが多くのタスクを任されるということはないんじゃないかと。
それができるキックの質(両足で正確にボールをさばけるのも、強烈なミドルもあるのも)もある。
ただ、これフィウーザだけかといったら、普段控えにいる上原拓也が出てきてもほぼ同じタスクを遂行できるというのが途方もなくすごい。
下部組織でゴレイロをしているうちの子にしたら一番身近なアイドルだ。

今年のFリーグの最大のトピックスはこの湘南の快進撃になると思いますが、
その集大成として、このまちの英雄たちが挑むプレーオフでの活躍に注目です。

ヴァモ!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

13 − eight =