BELLMARE

帰ってきた湘南のつむじ風。名良橋ボールが平塚市の障害者地域作業所へ

なんだか湘南ベルマーレの話題ばかりですが。
※ちゃんと仕事もしていますのでご安心を・・・。
帰ってきた右サイドバック、名良橋選手が、
ベルマーレの勝利試合ごとに、平塚市内の障害者地域作業所や保育所へ
ボールが寄贈されることになったそうです。
詳しくはこちらを。

名良橋選手による「名良橋ボール」始動! ~勝利試合でボールを寄贈

失礼な話ですが、あの名良橋がそんなことを言い出すようになるとは思いもしませんでした。
湘南の暴れん坊の代名詞でもあった破天荒なサイドバックは
大人になってチームに帰ってきました。
ベルマーレはピースウイングジャパンと提携して、
アフリカへのボール寄贈も行っています。
ひとつのプロサッカークラブとしての活動にとどまらず、
地域や国際社会でも、その存在意義を見出している湘南ベルマーレ。
ただ、プロサッカークラブとしては、
湘南ベルマーレが勝利を収めることが何より重要なことです。
何試合勝っていないかと考えると、昨年9月の水戸戦以降、リーグ戦未勝利・・・。
名良橋選手もコンディションを上げて、まずは試合に出ることからですね。
以前のように平塚競技場のタッチラインを疾走する姿を楽しみにしています。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です