BELLMARE

ドリブラー永里源気の覚醒。

湘南ベルマーレが今季はじめての逆転勝利。
Jデビューとなったルーキー山口を含め、
それぞれが高いパフォーマンスを発揮し、自分の仕事をこなした。
4得点はその結果でしかない。


そして、ようやく今季初ゴールを決めたのが永里。
昨年は石原とツートップを組み、得意のドリブルでチームを牽引した。
今年は、好調の原の影に隠れ、出場機会を大きく減らしていた。
ゴールという結果が結びつかず、空回りするプレーばかりが目立っていた。
しかし、この日はドリブルで中央に切れ込み、
完全に足の止まった鳥栖のDF陣を置き去りにし、
右足でファインゴールを叩き込んだ。
今年のベルマーレは、レギュラーメンバーの得点がほとんどで、
この日のスターティングメンバー以外の選手による得点は、
東京V戦で決めた外池のゴール1点のみ。
この先、シーズンの後半戦に向けて、
疲労によるレギュラーメンバーのパフォーマンスの低下や、
怪我、累積警告などによる出場停止など、
11人以外の選手の力が重要性を増してきます。
この日ゴールを決めた永里や、長期離脱から帰ってきた梅田、
さらに突破力のある鈴木将太、
外池・森谷・柿本・中町・・・。
総力戦になるJ2後半戦。
彼らの活躍なくしてJ1昇格はありえません。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です