BELLMARE

リバウンド・メンタリティ。

J1昇格を目指す湘南ベルマーレが掲げたスローガン。
「リバウンド・メンタリティ」:逆境に打ち克つ精神的な強さ。


3位京都。4位湘南。
昇格の可能性の残る3位以内を確保するためには、どうしても越えなければいけない壁。
しかし、湘南は前半開始早々、前半終了間際、後半開始早々と、
失点してはいけない時間帯にことごとく失点。
湘南が破れたのは至極当然の結果なのかもしれないし、そこにチームとしての成熟度があらわされている。
京都はロングボールを主体に、FW田原のポストプレーと、FWパウリーニョの裏への飛び出しを狙うシンプルかつ効率的な戦術を取った。
逆にベルマーレは中盤でパスをつなぎ、ワイドな展開からゴールに迫り、前線をはじめ全員が運動量を上げてプレッシャーをかけるサッカー。
中三日の過酷な日程(京都に関しては中二日)で、この酷暑。
どちらの戦術が合理的なのかは一目瞭然だった。
ベルマーレは自分たちのサッカーにこだわって、自滅していった。
後半からは運動量がガクンと落ち、頼りのMFアジエルも完全にガス欠状態。
それでも、途中出場の森谷らが死に物狂いのプレーでゴールに迫り、希望の光をともした。
ベルマーレがこのシーズンを戦い抜くためには、
自分たちの戦術を変えて戦うことも重要だが、
そこにはどうしてもFW梅田の存在が必要になる。
梅田の完全復活がチームの浮上の鍵となる。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です