これが今のチームの力。キャプテン、ジャーンの存在感。

これが今のチームの力。これが現実。
かといって、それを受け入れるのはあまりに残酷すぎる話で。


徳島戦。
確実にチームは精彩を欠いていた。
連戦の疲労もあってか、前節のゲームから緊張が切れてしまったのか。
特に、これまでチームを支えてきたベテラン勢はまるで別人のようだった。
ほとんど自分の仕事ができず、2枚のイエローカードで退場した加藤望。
ポジションがいつもと違い、中盤の仕事を託されたものの、ほとんど消えていたエドワルド・マルケス。
そして、判断ミスからみすみすゴールを献上し、試合を壊してしまったジャーン。
ベルマーレは、昨年リーグで二番目に失点の多いチームだったものの、
今年はこれまでリーグで失点が二番目に少ないチームとなった。
躍進の原動力が、ジャーンと斉藤というセンターバックコンビであったことは間違いなく事実である。
ただ、この日のジャーンは本来の強さや読みの鋭さ、そして強い心を見せることもなかった。
スリッピーでコントロールの聞かないピッチ。
2度のアクシデントともいえる突発的に訪れた失点。
そして、スピードがないという不安要素を抱えるジャーンに対して、
徳島のアタッカー陣の豊富な運動量と裏を狙うしたたかさ。
ジャーンは混乱していたように見えた。
これがチームに連鎖し、軌道修正を行うことのできないまま、試合は何事もなかったかのように終了した。
もちろん、チーム状態のいい徳島に対して、
ベルマーレは前節東京Vに引き分けたものの、この数試合は大きく調子を落としていることも事実。
けれど、坂本がいれば、アジエルがいれば、また違ったゲームになっていたかもしれない。
そして、次の試合にはこの二人と加等望が出場停止のため、
スターティングの4人のMFのうち、3人を欠いた状態で戦わなければならない。
さらに、相手は首位札幌。
限りなく絶望に近い状況で、チームは何を見出すのか。
ジャーンの復活なくして、チームの再生はありえない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。