BELLMARE

ミラクル湘南、お前ら最高。

何度も終戦という言葉が口をついて出そうになるたびに甦る湘南ベルマーレ。
どうやら、まだまだこの一年を諦めさせてはくれないようで、本当にお前ら最高。


出足も悪く、ボールも収まらず、先制点と追加点を献上した京都サンガ戦。
しかも、追加点は何度も痛い目にあって、課題とされてきた立ち上がり1分での失点。
もう諦めるしかないという絶望的なムードの漂う試合展開の中で、チームの空気が変わった。
坂本がチームを鼓舞し、前線へ果敢に飛び出す。
そして、残り6分。DF山口を下げて、大砲梅田を投入。
ジャーンもパワープレーに回っているので、DFに残るのは二人だけ。
玉砕戦術はいきなり結果となり、
坂本のロビングボールからジャーンのヘッドで落としたボールを石原が押し込んで1点差。
さらに攻勢のベルマーレはロスタイム。
坂本が捨て身のヘッドでつないだボールはゴール前、永里が蹴り込んでなんと同点。
まさにミラクル!・・・涙が出てきた。
もう一点を奪うことができなかったベルマーレは、勝ち点1どまりとなり、
昇格への可能性は俄然厳しくなったわけですが、
それでも、ここまでミラクルを繰り返すチームに何かを期待しないでいられません。
パウリーニョの決定的なシュートを防いだキム・ヨンギ。
常に冷静に最終ラインを統率し、崩壊寸前のチームを支えた斉藤。
終盤、斉藤とふたりきりで体を投げ出して守備を担った尾亦。
途中出場で流れを変え、カウンターの守備にも全力疾走を見せた梅田。
高い打点のヘディングで好キッカー不在のチームの中でセットプレーの核となり続けたジャーン。
チームに闘志を注入した坂本。
本番に弱い男のレッテルを貼られ続けながら、最後にゴールで応えた永里。
サイドの一対一でも果敢に勝負するようになった山口。
厳しいマークにあいながらも攻撃の軸として君臨していたアジエル。
走り続けた石原、その目の前に試合の流れを変えるボールが転がってきたのは偶然ではないはず。
選手を信頼し、この試合の大切さを伝え、大胆な勝負に賭けた菅野監督。
シーズンはまだ終わっていないけど。
それを含め、すべての選手・スタッフに、ありがとう。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です