BELLMARE

湘南ベルマーレ、2007シーズン総括 GK編

ここから、各ポジション別に2007シーズンの総括として、
感じたこと、来シーズンへの展望を書いていこうかなと。
まずは、ゴールキーパー。


まさかのルーキー開幕先発出場を果たしたキム・ヨンギ。
驚くことに、ルーキーながら全試合フル出場を達成。
経験が何よりも求められるこのポジションで、年間通して、ゴールマウスを守り続けた意義は大きい。
長身でリーチも長く、セレッソとの対戦ではチームを救うPKストップを見せた。
ベルマーレのGKとしては珍しく、パントキックやフィードの正確さも持っている。
ジャーン・斉藤の影響も大きいものの、昨シーズンの合計失点数を大きく下回る失点数で、
課題の守備の建て直しに大きな役割を果たしている。
周囲の予想を大きく上回る大活躍だったといって間違いない。
が、不安はまだ多い。
クロスボールの処理などの際に、ボールをファンブルするシーンが年間通して数多く見られている。
相手チームにも研究され、そこを狙われる危険な場面も多かった。
スピードにはあまり自信のないジャーン・斉藤(残留するのか?)がセンターバックだとすると、
その裏のスペースのケアも大きな課題になりそうだ。
キム・ヨンギがさらに経験をつみ、順調に成長していくことで、
チームはさらに大きく飛躍していくに違いない。
バックアップとして、経験の豊富な伊藤友彦が控えていたことも大きい。
昨シーズンは終盤に出場数を伸ばした植村だったが、
ミスも目立ち、信頼を勝ち得るにはいたらなかった。
若い濱崎はまだこれからに期待。
3選手とも試合出場はなかったものの、
全選手とも戦力外となることはなく、おそらく残留するのではないだろうか。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です