平塚生まれの飛び道具、猪狩佑貴。

札幌相手に、霧の中の逆転勝利。
その立役者は、ユース出身。地元平塚っ子の猪狩佑貴!


地元出身選手として、右サイドを疾走するスピードを武器にトップチームに昇格。
サイドアタッカーとして大きな期待を集めたものの、出場機会は少なく、
昨年は、レンタルでJFL佐川印刷へ移籍、サラリーマン生活を経験した。
しかし、そこで猪狩のサッカー人生は終わらなかった。
JFLで結果を残し、チームに復帰。
すると、反町監督は猪狩に右サイドではなく、中央MFのポジションに転向させた。
出場機会を求め続け、走り続けた猪狩が手にしたビッグチャンス。
この試合の決勝ゴール。
パワープレーで田原、島村、ジャーンが次々と札幌ゴール前に詰め掛ける。
そこでDFが引っ張られて、スペースができていたことを、猪狩は見逃さなかった。
アジエルのパスに走りこんだ猪狩のスピードが試合を決めた。
手にもあたったようにも見えたトラップだったが、
それは、これまで無我夢中でやってきた猪狩へのささやかなご褒美としてみてはどうだろうか。
夏場を向かえ、過酷さを極めるJ2。
湘南ベルマーレはチーム力の底上げを課題としていたものの、
この試合のヒーローとなった猪狩や、センターFWとして計算が立つようになった島村、
この日の同点ゴールを決めた阿部。
チームは反町監督の下、大きな成長を遂げている。
心配なのは、DF陣。
これで4試合連続の2失点で、この4試合で9失点。
それでも負けていないのだが。。。
これまで、村松とジャーンが、ことごとく相手のクロスをはじき返していたのだが、
そこからの失点が増えている。
サイドで崩されても中央ではじき返すというパターンが通じなくなってきているともいえる。
その修正ができれば、第二クールを乗り切ることもできそうなのだが。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。