WEB DESIGN

高齢者・障害者が使いやすいウェブ指標、Web JIS

ウェブアクセシビリティを語る上で、
いまや抜きにはできない指標、「Web JIS」。

Web JIS

正式名称を
「JIS X 8341 高齢者・障害者等配慮設計指針-情報通信における機器、ソフトウェア及びサービス」
という規格の中で、
ウェブコンテンツに関する規格もそこに含まれています。
高齢者や障害者にも使いやすいウェブサイトの条件を定めているもので、
音声ブラウザへの対応や正しいマークアップなど、
さまざまなチェック項目があります。
それでは、みなさんの施設や事業所、法人のウェブサイトが
どのくらいアクセシビリティが備わっているか、知っていますか?
それをはかるのに、アクセシビリティチェックのためのツールがあります。
いくつかあるのですが、おすすめできるのは、
富士通が開発した

WebInspector

というソフトです。
アクセシビリティに早くから取り組み続けてきた富士通は
アクセシビリティに関するリーディングカンパニーです。
その富士通が開発したWebInspectorは、
Web JISの規格はもちろん、富士通独自のチェック項目もあり、
アクセシビリティをチェックするのに有効なツールとなっています。
このソフト、無料でダウンロードできます。
ぜひみなさんも使ってみてください。
自分も、このサイトをWebInspectorでチェックしました。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です