遠藤航、日本代表に初選出!湘南から世界へ!

投稿日: カテゴリー: BELLMARE

彼のツイッターには無数のお祝いのツイート。
そのひとつひとつに丁寧に自分の言葉で、何時間かかってもリプライを返していました。
高揚もしていたのかもしれませんが、その言葉には責任感と強い決意を感じることが出来ました。
ハリルホジッチ監督率いる日本代表メンバー23名が選出され、
DFとして、遠藤航の名前が連ねられたのです。

遠藤航は、代表選出について公式にこのようなコメントを発表しています。

A代表に選んでいただき素直に嬉しく思います。湘南からA代表に選ばれることがここ最近はなかなかなかったので、湘南からA代表に入りたいという想いを持っていました。今回それが叶ったことを嬉しく思います。

実は、ベルマーレからの代表選出は2010年に村松大輔がメンバー入りしていますが、
これはあくまでも若手選手のテストの目的の代表メンバーであり、試合出場を果たすこともできませんでした。
ベルマーレの選手として試合に出場したのは、
1998年、フランスワールドカップの中田英寿・呂比須ワグナーまで遡ります。

湘南から代表選手を、というクラブやサポーターの願いは大きく、その期待を背負ってプレーを続けてきたのでしょう。
ハリルホジッチが視察した直近の2試合では精彩を欠いたものの、今回の選出は期待の高さの表れなのでしょう。
右サイドバックの人材が少ないため、右サイドでの起用も考えられます。
クラブでは3バックの右、ときどきシャドー。オリンピック代表ではボランチ。A代表では右サイドバック。
それぞれのポジションで自らの役割を理解し、チームに貢献します。

2010年、湘南でプロとしてデビューを飾ったナビスコカップでは前半45分間でベンチに下げられました。
あの頃のひ弱で物静かな少年の面影はまったく感じられません。

大きなものを背負い、そのたびに成長してきた遠藤航に、心からの祝福とエールを!


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

fourteen − 14 =