BELLMARE

覚醒した「縦への強さ」。俺たちの石原直樹。

交代でピッチを後にするまでの75分間。
石原直樹は酷暑のピッチを走り続けた。


前節、痛すぎる一敗を喫した湘南ベルマーレは、ホームで首位札幌との一戦。
さらに、中盤の主力3人が出場停止。
絶体絶命の危機的な状況で、チームを救ったのは石原・原のツートップだった。
高さ・強さには絶対の自信を持ちながらスピードに劣る札幌の守備陣に対して、
自慢のスピードを武器に果敢にアタックをかけるツートップ。
守備に攻撃に、貪欲に走り回るふたりの労力が報われるまでにそう時間はかからなかった。
縦へのフィードに、札幌DFとキーパーの間で、一瞬、集中力が切れた。
そこに詰めた石原直樹がボールをかき出し、受け取ったボールを原がゴールに流し込む。
美しさのないゴールだが、死にかけたベルマーレを蘇らせるのにはこれ以上ない一点となった。
その後も、ツートップ、特に石原直樹のプレーは際立っていた。
ボールを受けての単独突破、スルーパス、次々にチャンスを生み出していく。
決定的な場面でのミスも多かったが、札幌の守備陣を混乱させるのには十分だった。
菅野監督も「代表になれる素質」を認めるストライカーの縦への強さが覚醒した。
疲弊した札幌守備陣にとどめをさす斉藤の追加点。
斉藤も、ダヴィと中山という屈強で激しく当たってくるFWに対して、身を挺して守備を支えていた。
そして、貴重な追加点。
途中出場の選手の活躍も目立った。
3点目のゴールは、左サイドの鈴木伸貴の美しいクロスに、
中央で梅田がつぶれ、その裏に走りこんだ鈴木将太が押し込んだもの。
途中出場の選手3人がそれぞれ仕事をして生まれたゴール。
チームはこれ以上ない形で、昇格への夢をつないだ。
第4クール、最後まで、まだまだあきらめられない。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です