BELLMARE

湘南ベルマーレ第4のFW、阿部吉郎が見せた意地。

湘南ベルマーレが連勝。
暫定ながら2位に順位をあげた。


水戸のDF陣の堅守に阻まれ、ゴールを奪えない湘南。
そこで菅野監督が投入したのが、FC東京から移籍してきたFW阿部吉郎。
開幕戦で先発出場したものの、結果を残せず、
怪我もあって出場機会を失っていた阿部吉郎がピッチに飛び出す。
リンコンが怪我で欠場したために出場チャンスのめぐってきた第4のFW。
そして、快足を活かしてオーバーラップした臼井のセンタリングに、
得意のアクロバティックなボレーで合わせて先制ゴールをあげた。
これでチームの一員になれた気がする、と本人が語ったコメントから、
FWとして仕事をやり遂げた充実感があふれていた。
途中出場から決定的な仕事をできる阿部が戦力として目処が立てば、
チームにとっては大きなプラス材料となる。
しかし、その後も、ゴール前で決定的なチャンスを何度も迎えるが、
ゴールを決めることはできなかった。
彼が昇格を目指すチームの切り札となるためにはそのあたりの精度を上げることが重要になりそうだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です