BELLMARE

覚醒した原竜太。FWに求められる役割。

草津戦に4-0と快勝!湘南ベルマーレは昇格(入れ替え戦)圏内の3位に突入した。


チームを勝利に導いたのはこの日2得点の原竜太。
前節、昇格争いにおける当面のライバルである鳥栖戦で、
この試合唯一のゴールをあげた原竜太はこの試合もスタメン出場。
前線からの守備で大きくチームに貢献してきた原竜太だったが、
今シーズンはゴールという結果を残すことができず、
この鳥栖戦のゴールが3ゴール目。
昨シーズン二桁ゴールを上げた選手としては物足りない数字。
結果を残すことのできない間に、
石原はチームの攻撃を牽引するストライカーに成長し、
阿部とリンコンがゴールという結果を残し、原に与えられたポジションは第4のFW。
しかし、リンコンが負傷のため戦線離脱。
代わって獲得したはずのカレカが出場1試合のみで退団・移籍。
こうして、鳥栖戦にめぐってきたスタメン出場のチャンスを、原は結果で示した。
そして、この草津戦。
一点目はCKから、
ゴール前で混戦からこぼれ落ちたボールに誰よりも早く反応し、ゴールをあげた。
さらに、二点目はヘディング。
本人は「(臼井)幸平さんのクロスに合わせただけ」と語ったが、
距離のあるヘディング、小さな体を大きくひねって逆サイドのコースに流し込んでいる。
昨シーズン、原竜太が見せた得点感覚がついに覚醒した。
チームはトゥットを獲得し、FWはますます層に厚みを増している。
その中で、現時点で総合的に見て、石原のベストパートナーは原竜太で間違いない。
アジエルを失ってなお多彩な攻撃のオプションをいかに操っていくか、
J1昇格を目指し、菅野監督の手腕が問われる最終クールとなりそうだ。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です