ホームBMWスタジアムで0-3惨敗。センターバックに必要な要素

投稿日: カテゴリー: BELLMARE

湘南ベルマーレはセレッソ大阪に0-3で為す術なく、完敗。
ついには怒号飛び交うBMWスタジアムから、歩きながら思ったこと・・・。

湘南の3バックは鎌田・宇佐美・大野の3枚。
いつものように、強気強気の攻めのライン。
それ自体が悪いものだと思わないし、これからも湘南ベルマーレが結果を残すためにはそんな戦い方をするしかない。
けれど、問題は簡単に裏をとられすぎること。
ラインコントロールというよりも、ただDF最後尾が高いだけで、
その裏のスペースのリスクマネジメントとか、相手とのかけ引きとか、そんなことがまったくできていないのではないかと疑いたくなるほど、
DFラインの裏のスペースはいともたやすく蹂躙され続けました。
ハイボールを競っても、セレッソFW杉本にまったく太刀打ちできず、
苦し紛れに出されたフィードでもキープされてしまう始末。
どう考えても、湘南のセンターバックはJ1では通用していません。鎌田や宇佐美は身長もないですし、
だったらそれを何で補うのか。
走力であったり、ポジショニングであったり、気持ちだったり、
それも見えなかったなという印象です。

ちなみに、湘南はといえば、
ゴールキックは精度もなく、
身長のない梶川をターゲットにしてどうするの?というようなキックが何回もあったような。

攻撃にしても、ボールは足元から足元を往復するだけでダイナミズムもなく停滞。
そのうちに奪われては縦パス一本で危機的な状況を迎えていました。
あと、前節も含めて、永木をFWにあげる采配が何度かあるのですが、
J1の舞台において、FWとしては競れない、持てない、走れない選手としか目に映りません。

馬場賢治を使わずに起用した大槻は決定機にミスをするなど、期待に応えることもできず。
昨年のチーム得点王の馬場がどうしてここまで冷遇されているのか理解に苦しみます。

2試合で0得7失点。キリノがいなきゃ攻撃の起点も作れないのか。
遠藤がいなきゃ体を張って守ることもできないのか。
1万人のサポーターの前でこんな結果でいいのか?


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

15 + five =