介護サービスと情報

Google、スマホ対応サイトに「スマホ対応」ラベル表示

検索エンジン最大手Googleは、検索結果の一覧表示に置いて、
スマホ対応されているサイトに「スマホ対応」のラベル表示をするようになりました。

googleは、スマートフォンでインターネットを閲覧するユーザーが
スマホ対応サイトにたどり着きやすくするための目印として、
検索結果ページ上に表示されるスマートフォン対応サイトには
グレーの文字で「スマホ対応」と表示するようになりました。
既に全世界で適応されており、英語圏では「mobile firiendly」と表示されます。

このスマホ対応ラベルの適用条件ですが、
・flashなど携帯端末向きでないソフトウェアを使用していないこと
・ズームしないで判読可能なテキストを設定していること
・横にスクロールしたりズームしたりしなくてもいいようにコンテンツと横幅画像サイズが一致していること
・リンクにタップしやすいようにそれぞれのリンクが離れた距離に配置されていること

以上のような条件を満たすサイトに「スマホ対応」というラベルが貼られています。
自分もスマホ対応に作成したサイトがあるのですが、同じようにラベルが貼られていました。

googleがいかに携帯端末からアクセスするユーザーを重視しているのかがわかります。
さらに、このスマホ対応の有無も、
いずれ検索結果の順位付けに影響されるようになることもにおわせる内容になっています。

介護福祉関連事業者としても、
高齢者のモバイルユーザーが急増していることや、
女性のスマホ保有率の拡大など、
スマートフォンからのアクセスが大幅に増えていくことでしょう。
今後、サイトのスマートフォン対応化はとても重要なテーマになってくるでしょうね。

スマホ対応サイト制作についてのご相談も承っておりますので、ご相談ください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です