介護サービスと情報

google、スマートフォン非対応サイトの検索順位を下げるアルゴリズムを導入へ。Xデーは4月21日。

googleは検索順位決定のアルゴリズムに、スマートフォン対応(モバイルフレンドリー)されているかどうかという要素を加えることを発表しました。
これまでも、スマホ対応ラベルを検索結果画面に表示させるなど、モバイル対応化を促してきたグーグルですが、
ついに強硬手段に出たという印象です。

どのくらいの影響があるのかは未知数ですが、
このランキングの影響を受けるのはモバイルで検索をした場合に限定されるということなので、
現時点ではPCから検索を行った際の順位決定には影響しないとみられています。
介護関連の事業所のサイトでスマホ対応しているサイトは全体的に数も少ないと思いますが、
対応済みの施設検索サイトなど大規模サイトの表示順位がモバイル上で高くなる可能性はあるかと思います。

ランキング要因となるのであれば、サイト自体のパフォーマンスにも大きく影響しますので、
モバイル対応についてもお早めにご相談を頂ければと思います。
もちろん、介護報酬改定で非常に先行きの不安な時期のアルゴリズム変更ですので、
コストもあまりかけられないという事業所様も多いと思います。
できるだけ価格面でもご相談に対応させて頂きたいと思っておりますので、まずはお声掛けください。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です