BLOG

webメディアへのライティングで介護業界へ貢献できるか?

ウェブライティング

介護に対するネガティブイメージは変わるのか?

サイトを見ていらっしゃる方はご存知のことかと思いますが、介護福祉ウェブ制作ウェルコネクトでは、介護・福祉に関するホームページ作成を主に行っています

ひょっとしたら、サッカーやフットサルの話をだらだらとブログで書いてあるだけのサイトだと思っている方もいるかもしれない。いや、いないことを願いたい。

介護のホームページ制作を行っている一番の目的は、介護事業が地域で情報発信をし、介護と地域がつながることです

まだまだ介護事業に対する誤解、介護労働に対するネガティブなイメージは強いと感じます。

自分も介護職出身で地域包括の相談員・ケアマネなどの業務をしてきた介護育ち。介護に対するマイナスイメージを変える必要があるという思いから、ウェブ制作事業を立ち上げています。

介護が社会にもっと開かれるためには、事業所から情報発信をし、自分たち介護業界が変わっていかなきゃいけない。そのお手伝いをウェブ制作を通して行う。
これがウェルコネクトの存在意義だと考えています。

webメディアへの執筆

最近、ある介護系webメディアでの記事執筆を行うようになりました

何本か記事を書いているのですが、その中のひとつへリンクを貼っています。

記事が掲載されているのは、介護プロというまだ新しいメディアです。僕以外にもいろんなキャリアを持ったライターさんが執筆しています。

同じ「介護プロ」という名前で、介護に関わる人のためのコミュニティアプリもリリースしていますので、介護職同士がつながる場にもなっています。

自分の経験が悩む介護職の助けになる

自分の経験や知識が何らかの形で還元されるのであればいいなと思っています。

介護職の皆さんは性格的にまじめで、悩みを抱え込みやすい傾向があると言われています。

自分の経験をお伝えすることで気持ちが楽になったり、モチベーションにつながったりするものであればいいなと思います。

介護分野で得てきた情報を、別のメディアを通してお伝えしていくことで、介護のイメージを変えていくこともできるんじゃないかと考えています。

SEOライティングについても勉強していきたいと思います。

もちろん、ウェブ制作の仕事も今まで通り続けております。

ウェブ制作にあわせて、「こんな記事を書いてほしい!」といったライティングの依頼などもいただければ対応していきます。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です