地域包括支援センターの担当どこ?問題を本気で解決したい

担当地域包括支援センターがわからない問題にChatGPTで終止符を

在宅介護をする人、誰もが通る地域包括支援センター

在宅介護が必要になったら多くの人が通る場所。それが地域包括支援センター。

介護保険の申請や、ケアマネジャーの紹介、市町村の福祉サービスの申請など、在宅介護をされて何らかの機関とつながっている人はほぼみなさん一度は地域包括支援センターと関わっているのではないでしょうか。

でも、そんな地域包括支援センターに関する大きな問題。それは。

あるあるです。

どこに行けば地域包括支援センターにたどり着けるかわからない高齢者

もうこれは絶対あるあるです。

まず地域包括支援センターの認知度も低い。さらに、地域包括支援センターが何をするところかも知らないし、どこにあるのかも知らない。

そして、地域包括支援センターの一覧があったとしても、どこが自分の住所を管轄しているのかがわからないのです。

根深い地域包括支援センターの管轄問題

包括で働いていることがあるからわかるのですが、この管轄問題は結構シビアです。

住所どこからどこまではうちのエリアだから、この住所の人はあっちの包括が担当ね。

と、追い返されてしまうこともあります。せっかく必死な思いで地域包括支援センターまでたどり着いたのに

高齢者を追い返す女性地域包括職員

さらに、一番近くの地域包括に行ったら、うちじゃないよ。ともっと遠くの地域包括支援センターが担当だった。みたいなこともたくさんあります。

みなさん。知ってましたか。地域包括支援センターは選べません。

地域包括支援センターの検索サイトとかあっても、住所から近いところを探すだけじゃ、担当地域包括じゃなければ追い返されるだけ。

さあそこで問題です。あなたは担当地域包括支援センターをどうやって調べますか

担当地域包括支援センターがわからないなんて、あってはいけない

ええと。それでは横浜市磯子区の一部を見てみましょうか。

え???

こんなん見てぱっとわからない。そこに住んでる本人だったらわかるかもしれない。でも、親元を離れて暮らす家族が見て、どう思います?一部を除くとかっていうけど、一部ってどこ?みたいな。

突然やってくる在宅介護にパニックの中、どこに相談窓口があるのかもわからないって、そんなことがあっていいわけがない。

ChatGPTの力を借りてみる

ということで。

住所を入力するだけで担当の地域包括支援センターを探すカスタムチャットボット作ってみました。

住所を入力するだけのチャットボットです。これは横浜版として、横浜市の147か所の地域包括支援センターの情報を把握しているチャットボットです。ちなみに横浜市は地域包括支援センターは地域ケアプラザという施設の中にあります。

すでにアップロードしているリストから適切な地域包括支援センターの名称・場所・連絡先を提供します。

複雑なところはちょっとだいぶ怪しかったり、とんでもない回答をすることもありましたが、微調整しながらとりあえず作ってみました。

AIを使うことで、介護の入り口で立ち止まっている人、困っている人をちょっとでも救えるはず・・・。

でも、ハルシネーション(間違い)も出るかもしれないのですいません、アップデートしていきます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

12 − 3 =