BLOG

介護サービス情報公表制度は「高い」って、なんていまさら何を・・・。

介護情報手数料「高い」 厚労省 都道府県に見直し要請

 介護事業者が開示しているサービスや事故防止策などの情報が正しいかどうかを都道府県などがチェックする際、事業所から徴収する手数料が高すぎるとして、厚生労働省は、安くする方向で見直すよう都道府県に要請した。
 手数料は都道府県が条例で定め、年1回徴収する。開示内容を確認するための訪問調査とインターネットで公表する際に掛かる手数料などの合計で、1事業所当たり平均5万4901円。最高は鹿児島の6万7000円、最少は三重の4万5600円となっている。
 厚労省は当初、訪問調査時間は1事業所当たり2日間程度と見積もったが、実際は6-2時間しかかからない例が多く、事業所から「調査時間が短い割に高い」と不満が出た。経営への影響を懸念する声も上がり、厚労省は手数料の値下げを都道府県に求めている。

そりゃもっともです。
ってか、いまさら言うなって話ですが。
各自治体でそれぞれ事情はあるのでしょうが、
同じ項目を調査するのに地域間で2万円以上の違いがあるっていうのは納得できませんよね。
丸投げで都道府県におろした厚生労働省の責任が問われるべきだとは思いますが。。。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です